HOME > 会社案内 > 沿革

会社案内 会社案内

沿革

飼料・畜産業界発展の先駆者として、歴史と共に歩み続けます。

大正13年、我が国初の配合飼料製造会社として発足。
業界最長の歴史を誇る当社は、日本における飼料・畜産業界発展の先駆者として、常にその歴史と共に歩みつづけてまいりました。

1924(大正13年) 日本家畜飼料株式会社設立。
神戸市兵庫区において、日本で最初の各種配合飼料の製造を始める。
1927(昭和2年) 飼料工場として日本最初の保税工場となる。同時に農林省指定配合飼料工場の指定を受け大連に出張所、下関に支店を開設。大陸原料の確保に努める。
1939(昭和14年) 第二次世界大戦勃発にともない、大連出張所、下関支店の閉鎖に至る。
1948(昭和23年) 社名を日和産業株式会社と改める。
1951(昭和26年) 兵庫製油(株)を吸収合併する。
1952(昭和27年) 工場を神戸市兵庫区御崎本町に建設、本社を大阪市北区に移す。
1961(昭和36年) 大阪証券取引所市場第二部開設と同時に株式上場。
1963(昭和38年) 広島県三原市に三原工場完成。
1968(昭和43年) 神戸市東部埋立第二工区に、神戸新工場完成。
同時に企業合理化を更に推進するため本社を大阪よりこの地に移す。
1971(昭和46年) 島原出張所開設。
1974(昭和49年) 鹿児島工場完成。
1975(昭和50年) 東和畜産株式会社設立。(現在、連結子会社)
1977(昭和52年) 鹿児島工場備蓄サイロ建設。
1978(昭和53年) 三原工場備蓄サイロ建設。
1983(昭和58年) 青森県八戸市に八戸工場完成。宮崎農場開設。
1986(昭和61年) 輝北農場開設。
1987(昭和62年) 三原新工場完成。雲仙農場開設。
1991(平成3年) 島原出張所を移転。長崎営業所に名称変更。
1995(平成7年) 坂出工場開設。大阪証券取引所貸借銘柄に選定。
1999(平成11年) 三木農場開設。
2003(平成15年) 牛専用飼料工場「みちのく飼料株式会社」を雪印種苗株式会社と日清丸紅飼料株式会社と合弁で設立。
2013(平成25年) 市場統合に伴い東京証券取引所市場第二部に株式上場。


このページの先頭へ