HOME > 事業案内 > 飼料の種類

事業案内 事業案内

飼料の種類

食の源流である飼育の現場に90年の確かな技術を提供します。

我々が90年余の中で研究開発してきた飼料は飼育の現場で幅広く使用され、常にその有用性を追求し続け食の源流の安全性を実現しています。

【レイヤー】
特殊卵需要がますます増加する中、飼料にオキアミを配合した美味しい卵、色々な種子油脂を配合した脂肪酸バランスが良好なヘルシー卵が生産されます。
【ブロイラー】
健康で安心、安全な若鶏の要望が強いため、飼料にカプサイシン、ニンニクとウコンを混合して成果を得ています。
【豚】
独自の加熱加工添加システムにより、肉質、効率、エコロジーの三拍子揃った高機能飼料『エコリードシリーズ』が注目を浴びています。お客様、消費者の多様なニーズをトータル的にサポートします。
【肉牛】
和牛用飼料「特選シリーズ」、牛用飼料「スーパーシリーズ」は加熱加工された穀類など高品質な原料を使用し、飼育技術と環境の三拍子揃ったノウハウを持って、高品質牛肉を生産します。
【乳牛】
乳牛用飼料「牛配シリーズ」はバイパス蛋白などの最新理論と、お客様のニーズを「カタチ」にしたオーダーメイド飼料です。
【魚】
最近の養殖魚は、大半が配合飼料で育っており、臭みがなく適度に脂肪が含まれるため、天然魚より美味しいと評価する人が多数います。また、鑑賞錦鯉用飼料は海外へも販売しており人気があります。
【合鴨】
日本人の鴨の肉質に対する要望はこだわりが強く、長年の研究成果によりその域に達しました。
【ダチョウ】
脂肪が少なく、鉄分が豊富なため、ヘルシーなダチョウ肉が脚光を浴びています。当社がわが国で初めて専用配合飼料を生産販売しました。
【うさぎ】
実験動物用のみならず、ペット用にも使用されています。専用飼料の原料は特に厳選して使用しております。


このページの先頭へ